散骨にはどのようなやり方があるのか

最近ではお墓を継承する子どもがいないことや自然回帰に関心が高まっていることから、お墓を持たずに散骨を希望する人が増えていますが、これにはいくつかの方法があるためそれらについて紹介します。


まず散骨には海洋葬、山岳葬、樹木葬などが代表的なものとして挙げられます。



海洋葬は沿岸で生活する人や漁業の養殖場、海水浴場や釣り場を避けるため、船をチャーターして外洋に出て行います。


一方で山岳葬とは以前から行われている自然葬の代表的な方法で、最近では葬儀社が正式な葬送方法として用意しています。

基本的には国内の許可を得ている山で行われますが、故人の希望する海外の山で行うプランを行っているところもあります。


この他、樹木葬とは墓地としての許可を得ている雑木林の土に遺骨を直接埋めて墓石の代わりに目印となる樹木を植えるという方法です。これらが代表的な散骨方法ですが、珍しいものとしては宇宙葬が挙げられます。



これは遺骨を専用のカプセルに入れ、ロケットで宇宙へ打ち上げるというもので、宇宙葬証明書や撮影映像が遺族に送られます。



お墓を継承できないことからこれらのような散骨が注目されていますが、本来は継承者がいないなどの理由からお墓を持たない場合には、お寺や公営、民営の霊園墓地に作られた納骨堂を利用するというのが一般的です。
また散骨をする場合には、病院や住宅、学校などを避ける、他人の私有地を使用するには許可を得るということに加え、遺族の同意や遺骨を2mm以下に砕き、原形を留めないようにするなど注意点もいくつかあります。