お墓の手入れ不要 散骨について

死後火葬場にて火葬し、骨となったものを骨壷に入れてお墓にいれるというのが一般的でしたが、近年では散骨という手法をとっている方も少なくはありません。

散骨のメリットはお墓の手入れが不要という点です。



近年結婚に関してや子供を作り家庭を維持するということにネガティブな傾向にあります。



子供がいれば子供にお墓の手入れ等を頼めるかもしれませんが、そういったことで子供を煩わせるようなことをしたくないと考える高齢者も増えてるのが事実です。
永代供養などを考える方も少なくはありませんが、自分の好きだった場所に散骨してもらってそこで眠りたいと考える人も多いといいます。



散骨の代表的な例としてあげられるのが海でしょう。
葬儀屋が火葬後遺骨を粉砕して海に撒いてくれるプランなどもありますが、そういったプランでは海の決められた区画にしか撒かれないようになっています。
故人の方が何処に撒いてほしいなどの要望を持っている場合、私有地などでなければ撒いてもよいとされているので、遺骨を粉上にして指定された場所に撒きにいくことは可能です。

他にも樹木の下に撒いてほしいといった内容の散骨や、飛行機から撒く空葬、宇宙に打ち上げる物など様々です。

樹木葬となると指定の墓地の樹木の下にしか入れないのが一般的とされています。
飛行機から撒く空葬の場合や宇宙葬は費用が高いことと日本ではあまり行なわれていないのがデメリットとしてあげられますが、維持費などはかからず故人の意を汲むことができます。