注目されつつある散骨について

近年、散骨が注目を集めています。



散骨とは、亡くなった方のお骨を、お墓に入れず、専門の業者に細かく砕いてもらい、海や山などにまくことで弔うやり方です。
親世代より子世代が人数が少ないこともあり、お墓の維持管理に限界を感じて、お墓のあり方をあらためて考え直す人が増えていることや、昔より自由な感覚の中で、自然にかえるやり方で弔われたいと思う人が増えてきたということが、背景にあります。

ただし、自然にかえりたいといっても、どこにでもお骨をまいていいわけではありません。



事件などと間違われて判断されないように、散骨の申請を行政にする必要があります。どこの課に申請するなどは、県などにより多少違うところもありますが、問い合わせれば、きちんと答えてくれるようになっています。つまり、自分のお骨をそうしたい場合は、自分の意識がしっかりあるうちに、意思表示の必要があります。


希望していたり、検討している人は、紙に手書きで意思を残しておいたり、家族や親族に伝えておくと、スムーズに散骨をしてもらえます。

また、現在では、基本的にお骨を砕く作業は無料ではないところが多いので、見積もりから、少しお金を用意しておくと、遺族が困ることがありません。



弔い方も弔われ方も、多様性が出てきた現代で、散骨を希望する人が増えてきたのは、自然な流れといえます。


お墓参りの大変さなどが、忙しさの増す社会に中で身にしみる方も多いですし、選択肢のひとつとしてそういうことも出来るんだと思うことで、心配事を減らせたり、より自分らしい人生の終え方を選択できるようになったということです。