散骨するときの注意点

main-img

近年注目されている散骨は、海や山に遺骨を撒くという新しい葬送ですが、散骨を行う際には、条例などで禁止されている場所で行わないなどの、モラルのほかにも、残された遺族の心にも注意が必要となります。散骨時には、故人の願いでもありイベントという勢いもあるため、喪失感というものはなかなか想像できませんが、手を合わせるお墓がないため、少しずつ寂しい気持ちが募ってくるという人も少なくありません。



遺影をおいていても、故人の遺骨が存在しませんから、精神的な支えられ方も違ってきます。



そのため、すべての遺骨を撒くのではなく、一部を小さな骨壺やペンダントに残しておく、手元供養を行えば、万が一お墓を建てることになっても、遺骨は残っていますから、安心です。



また、海に遺灰を撒く海洋散骨の場合、注意点として、遺骨を粉末化することがです。


日本では、墓地以外に遺骨を埋めることが禁じられていますから、遺骨をそのままの状態で葬送すると、罰せられてしまいます。

また、粉末状にした遺骨でも、漁場や陸から近い場所など、場所によってはトラブルが起こる可能性もありますから、自分だけの判断で散骨しないようにすることが大切です。こういったトラブルと回避するためには、費用はかかりますが、なるべく業者に相談してみることをおすすめします。

近年の核家族化や少子高齢化、故人の強い意思にともない、自然葬なども葬送の選択肢と考えられるようになってきています。

社会関係の情報

subpage1

最近ではお墓を継承する子どもがいないことや自然回帰に関心が高まっていることから、お墓を持たずに散骨を希望する人が増えていますが、これにはいくつかの方法があるためそれらについて紹介します。まず散骨には海洋葬、山岳葬、樹木葬などが代表的なものとして挙げられます。...

more

皆が知りたい情報

subpage2

死後火葬場にて火葬し、骨となったものを骨壷に入れてお墓にいれるというのが一般的でしたが、近年では散骨という手法をとっている方も少なくはありません。散骨のメリットはお墓の手入れが不要という点です。...

more

耳より情報

subpage3

一般的な墓石型のお墓の場合、安く見積もっても100万円以上はかかりますが、散骨であれば、散骨費用と船のチャーター代などを入れても、20万円程度で行うことができます。もちろん、業者に依頼せずに自分たちで行えば、実質ゼロ円で散骨は行うことができます。...

more

学びたい知識

subpage4

近年、散骨が注目を集めています。散骨とは、亡くなった方のお骨を、お墓に入れず、専門の業者に細かく砕いてもらい、海や山などにまくことで弔うやり方です。...

more