散骨するメリットとデメリット

一般的な墓石型のお墓の場合、安く見積もっても100万円以上はかかりますが、散骨であれば、散骨費用と船のチャーター代などを入れても、20万円程度で行うことができます。
もちろん、業者に依頼せずに自分たちで行えば、実質ゼロ円で散骨は行うことができます。
以前は、海や山に散骨することは認められていませんでしたが、現代では葬送の自由という観点から、容認されています。
また、注目されている理由には、後継者問題も関係しています。

家や資産などの後継者なら、解決のしようもありますが、お墓の後継者については、各世帯に一墓というのが主流となっていますから、これからはお墓を持て余す時代となってしまいます。



一人っ子同士が結婚した場合には、世帯にお墓が2つとなりますし、子供や孫のない世帯の場合、家が途絶えてしまいますから、当然お墓の管理は誰もできなくなってしまいます。こういった問題もあり、現在ではお墓に入らない供養の方法として、散骨が注目を集めるようになっています。


ただ、メリットだけではなく、デメリットもあります。

遺骨を撒いてしまうため、手元に遺骨がなくなってしまいますから、いざお墓をたてようとしたときに、納める遺骨がなくて困るということです。

また、世間では認知されてきた自然葬や樹木葬などの葬送ですが、まだまだ主流ではなく、世間から誤解されるというデメリットもあります。



特に、日本人は、人と違うことを嫌うところがありますから、お墓に入らない葬送は、変わり者と思われてしまいます。